砂利を敷くと防犯対策になる|空き巣が嫌がる家にする

防犯に効果的な方法

砂利

歩くと音がでる砂利を敷き詰めることで泥棒や不審者が嫌がるため、建物への侵入を防ぎます。防犯に効果のある砂利は多くの種類がありデザインも豊富なので、住宅に適した種類を選び、業者に依頼して施工してもらうと良いです。

自宅への侵入者を防ぐ

防犯

家族や財産を守るためには、日頃から、自分達で気をつける必要があります。最も安心な家の中にいたとしても、泥棒など、犯罪者が侵入してくる恐れがあるため、防犯対策はしっかりと行うようにしましょう。自宅を守る防犯対策は、様々ありますが、最も簡単にできる方法が、砂利を使う事です。砂利の利用法ですが、窓の下や庭など、侵入されては困る場所に敷くだけです。砂利の上を歩くと、石と石が擦れ合って音が発生します。そのため、夜窓の近くに人が近づいても、すぐにわかることができ、また泥棒なども、音に驚いて侵入できなくなります。砂利を利用する利点ですが、ホームセンターや通販で販売されているので、誰でも簡単にすぐ購入できるということです。また、砂利にも様々な種類があるので、少しこだわりを入れることによって、エクステリアとしての機能も果たすことができます。逆にこだわらなければ、費用を抑える事ができるので、予算に合わせて、利用できる良さもあります。砂利は、自分で敷くことができますが、敷き方を間違えてしまうと、効果が半減してしまうので注意しましょう。コストを抑えたいからと薄く敷かないで、3センチ以上の高さになるようにしましょう。また、雑草の上に敷くと、音がしにくくなるため、除草してから敷く必要があります。砂利は、簡単にすぐにできる防犯対策なので、侵入者に不安がある場合には、導入を検討してみましょう。自分でできない場合には、専門業者に依頼する事もできます。

防犯を長期的に行う

砂利

防犯対策で一番経済的で有効なのは砂利を敷き詰めることです。防草シートを一緒に使うことで雑草が生えてくることを防ぎ、庭の見栄えも良くすることができます。侵入しにくい住宅にすることができるので、音の出る防犯砂利をうまく使いましょう。

家のまわりの防犯対策

庭

防犯対策として、自宅まわりの敷地に玉砂利を敷くのが良いです。ホームセンターで手軽に変えて、誰でもできる防犯対策です。1平米あたり60キロぐらいが必要で、整地・転圧・防草シート等を使い、玉砂利を敷きます。